マムFPオフィス -MUM FP Office-

横浜市を中心に活動しているファイナンシャルプランナーです

一般家庭の火災保険に電気的・機械的事故の補償特約は必要か

FPハム子です。


今回は火災保険の特約の一つ『電気的・機械的事故補償特約』について記事にしました。
元は事業用の火災保険の特約で一般家庭の火災保険に付帯するケースは少ないですが、ご家庭にあるどのような設備に対してどういった事故の場合に使用できるかと、その必要性を解説します。

 

 

電気的・機械的事故とは

建物付属設備に対して、電気の作用や機械の稼働に伴って発生した事故で、不測かつ突発的な外来の事故に直接起因しないものを言います。
これは保険会社の約款規定ですから、具体的な対象の設備や事故が何なのか分かりづらいですね。
以下でこれを詳しく説明します。

 

一般家庭で対象になる設備の例

  • ソーラーパネル
  • ホームエレベーター
  • 電動シャッター
  • ビルトインタイプのIHクッキングヒーター、オーブンレンジ、食器洗浄機
  • 床暖房、浴室乾燥機、給湯器
  • 火災報知器、警報装置
  • 持ち家で建物に固定、定着しているエアコンや照明設備

 

一般家庭で対象になる事故の例

代表的な事故としては、内部回線のショートや過電流、内部管に異物が詰まったことによる損傷など、外来要因ではなく勝手に壊れたという場合が対象です。
なお、台風や強風による物体の飛来や積雪で壊れたり、大雨や落雷による故障の場合は、自然災害による『不測かつ突発的な外来の事故』に該当し、火災保険の普通約款で補償されます。

 

火災保険普通約款では補償されない理由

火災保険の補償内容に『破損』がありますが、主にぶつけたり落としたりして壊した場合が対象で、電気的・機械的な故障は免責となっています。
また、電気的・機械的事故は故障にすぎず火事にはなっていないため、火災保険の普通約款で免責事項に該当します。
それを有責にするのが、電気的・機械的事故補償特約なのです。
不測かつ突発的な外来の事故は普通約款で有責になるので、上記のような物体の飛来や落雷はこの特約がなくても補償されるのです。

 

特約の補償対象にならない設備

建物に固定、定着していないもの、持ち運びができる家財、設備什器は補償対象外です。
具体的には、ビルトインではなく据え置き型のコンロ、レンジ、食洗機などの家電全般は補償されません。

 

特約の補償対象にならない事故

自然故障や経年劣化によるものは補償されません。
なお、製品寿命として耐用年数がありますが、これはあくまで減価償却の計算の基礎であり、それを超えた設備の故障が一概に対象外になるとは言えません。
しかし、古くなってガタが出てきてついに動かなくなったという故障は、耐用年数を超えていなくとも自然の摩耗・劣化に該当するため補償対象外です。
他には、保険対象物に対する加工・修理・点検、不当な修理や改造、部品の交換などによって生じた損害も補償されません。
修理に伴う出張費や、修理とならず買い換えする場合も支払対象外です。
また、メーカー保証、販売店の延長保証で補償される故障にはこの特約は使えません。

 

電気的・機械的事故補償特約の存在意義

火災保険の普通約款では免責になる事故に対して補償するために付帯するのがこの特約です。
しかし、『一般家庭で対象になる事故の例』に挙げたとおり、自然災害が起因であれば普通約款で補償されますし、逆に自然故障や経年劣化によるものは普通約款でも特約でも補償されません。
ですから、この特約の対象になる事故が起きる確率としては、一般家庭においては低いものと私は考えます。
自宅が住居と店舗の併用住宅で、事業用の火災保険にこの特約を付帯するのであれば、リスク対策として意味があるものと思います。

 

補足:3つのほしょうの違い

電気的・機械的事故は、初期不良などにはメーカー保証があり、落雷による過電流は火災保険の普通約款で、内部ショートは特約で補償され、もし故障が原因で怪我をした場合は傷害保険で保障されます。


さて、ここに3つの『ほしょう』の言葉が出てきました。
保険会社に入社すると、この3つの違いを研修や募集人試験などで説明されます。
goo辞書からの引用をもとに、3つの使い分けを説明します。

 

■保証:間違いがない、大丈夫であると認め、責任をもつこと。
→メーカー保証や延長保証、賃貸契約などの保証人に使われます。
例)購入から1年以内の故障を保証します。

 

■補償:損失を補って、つぐなうこと。特に、損害賠償として、財産や健康上の損失を金銭でつぐなうこと。
→損害保険で損害を填補(てんぽ)する、償うという意味合いで使われます。
例)自動車保険は対人事故・対物事故を補償します。

 

■保障:ある状態がそこなわれることのないように、保護し守ること。
→生命保険や傷害保険で、損なわれた命や健康を保ち埋め合わせる意味合いで使われます。社会保障にもこの字が使われます。
例)怪我による5日以上の通院を保障します。