マムFPオフィス -MUM FP Office-

横浜市を中心に活動しているファイナンシャルプランナーです

逆流性食道炎に効くおすすめの市販薬

マムFPオフィス 菊地季美子です。

 

私は28歳くらいの頃から逆流性食道炎が持病です。

完治が難しく再発しやすいため、油断すると突然症状が現れることがあり、油断ならない病気です。

原因は、食生活の欧米化を始め、お酒やタバコ、ストレスなど様々なようです。

 

私の場合、最初に症状が出たのは毒親とトラブルがあったときで、それが落ち着くまで症状は治まりませんでした。

その後も、症状が出るきっかけはだいたい毒親とのトラブルと、仕事が多忙すぎるストレスです。

 

お酒もタバコもやらない私ですが、40代に入って食が細くなるまではけっこう食べる方で、20代の頃はラーメン二郎⇒サーティワンアイスクリームのはしごをするくらいでした。

そんな私でも逆流性食道炎を発症してしまうので、ストレスが健康に与える影響は恐ろしいですね。

 

症状がひどい時は病院で薬を出してもらい常用しますが、落ち着いている時は通院せず薬を切らしていることもあります。

そんな時に急に症状が出てしまうと、痛みも脂汗ものですし我慢するには厳しいものがあります。

 

突発的な発症に備えて私が常備薬として持ち歩いているのは、パンシロンキュア(錠剤タイプ)です。

 

 

一番のおすすめポイントは、何と言っても即効性です。

効き目が出るのが早く、飲んでから2~30分で症状が治まるので、「あ、来るな」と思った時点で飲んでおけば痛みが出る前に治まります。

飲みやすい錠剤タイプでも効きが速いので、顆粒タイプなら更に良さそうです。

 

以前はスクラートGを使ったこともありますが、こちらは症状が出てからだと効かず、むしろ食前など事前に服用するほうが良かったです。

箱にも空腹時が効果的と書いてありますね。

逆流性食道炎の症状の段階はGradeと言い、N・M・A・B・C・Dの6段階に分類されています。

 

<参考サイト>

kompas.hosp.keio.ac.jp

 

私が最初に逆流性食道炎と診断されたときのGradeはBで、10年以上たった今でもN(無症状)に戻ることはありません。

バリウム検査では食道の荒れは分からないので、健康診断ではなるべく胃カメラ検査を受けてGradeをチェックするようにしています。

 

症状がGrade Bだったときは、胃カメラ検査がつらかったのはもちろん、食生活をかなり制限したのもストレスでした。

逆流性食道炎は薬物治療による対症療法しかないので、症状が軽いうちに病院で薬を出してもらう方が、食生活などQOLに影響が出なくて済みます。

 

パンシロンキュアは効き目と即効性がおすすめの市販薬ですが、逆流性食道炎っぽい症状があったら、まずは胃腸科での胃カメラ検査をおすすめします。

もしかしたら食道ガンなど他の病気の恐れもあるので、パンシロンキュアを飲んで済ませるのではなく、面倒でも医療機関を受診してくださいね。