マムFPオフィス -MUM FP Office-

横浜市を中心に活動しているファイナンシャルプランナーです

CFP:動画の視聴期限が切れてDVDを買い直した話

マムFPオフィス 菊地季美子です。

2ヵ月以上ぶりのブログ更新になってしまいましたが、コロナ感染などもなく元気に過ごしております。

この夏は、リメイクされた28年前のRPGライブアライブを2周遊んでクリアしたり、活動を再開したTM NETWORKのライブに行ったり、甥っ子家族と一緒にみなとみらいで手ぶらバーベキューをしたり、夫と日帰りで箱根観光に行くなど、インドア・アウトドア両方楽しんでいました。

 

さて、6月のCFP資格審査試験ですが、受験を見送っておりました。

受験科目の金融資産運用設計は、ラスボスと謳われるだけあることと、一番興味がない分野で勉強が楽しめないことでなかなか理解が進まず、とても受験できるレベルに達しなかったからです。

それと、受験申込期限の5月頭に3回目のワクチン接種をして寝込んでおり、気づいたら申込期限が過ぎていたのもあります。

 

金融資産運用設計の受験にあたり購入した教材は、FPK研修センターの通信演習解説WEBコースで、『事例演習と重点ポイント』というオリジナル教材の冊子と、それを解説するweb動画がセットになっています。

web動画版は14,500円DVD版は16,000円で、購入時は深く考えずweb動画版を選んでいましたが、web版には動画の視聴期限8カ月というトラップがあったのです。

 

教材を購入したのが昨年12月、6月受験をスルーして、しばらく教材冊子だけ集中してにらめっこしていたのですが、先日web動画を見ようとしたところ、視聴期限が切れて見れなくなっていました。

 

FPK研修センターに期限延長の可否を問い合わせたところ、延長は不可だが動画単品の販売があるとの回答があったため、期限のないDVD版 単品価格11,500円を購入しました。

 

 

web版と1,500円しか変わらないので、最初からDVD版を購入していれば良かったな。。。と後悔したのが本音ですが、これも勉強代ですね。

金融の次に受ける不動産課目の教材は解説動画を付けるかまだ決めていませんが、同じ失敗はしないよう注意したいと思います。

 

それと、最新のテキストとして、TAC出版のFP1級用分冊テキストも購入しました。

 

 

FP協会の公式テキストよりサイズが小さく、解説も冗長さがなくまとまっていて読みやすいのが決め手でした。

 

この他にも、日銀の展望レポート金融システムレポートも出題範囲に入っているのでチェックしています。

 

とはいえ、金融の課目はなじみが薄い問題ばかりで、11月に受験できるかも難しいところです。

 

通信制大学時代のクセで、科目習得試験は毎回受けていたようにCFP試験も間を開けず受験し続ける強迫観念のような意識がありましたが、卒業がかかっている訳でもないので、マイペースで勉強を続けようと思います。